精神科関連書籍・映画

医学部生が推薦する精神科疾患・病院・病床を扱った書籍(教科書・新書・漫画)

随時更新。画像クリックで該当のAmazon

勉強用図書(教科書)

まずは、教科書的な、精神科医学を学ぶベースとなる本を紹介します。

精神科関連版「病気がみえる」

医療従事者の多くが知っている「病気がみえる」。精神科に関しては、シリーズとして出版されていません。ただ、「病気がみえる」並みにイラストが載っており説明も簡単な書籍があります。それが「精神神経疾患ビジュアルブック」です。

基本的にすべての精神疾患について分かりやすくイラスト豊富に書いてあります。総論として、精神医学の考え方や、診察・検査方法・治療法について解説してあります。各論として、それぞれの疾患について分かりやすく書いてあります。

分厚い参考書に比べて遙かに分かりやすいです。精神科志望の学生は詳細に読めばかなり勉強になり、そうでない学生でも、さらっと読むだけでかなり知識が定着すると思います。

難しい精神科用語がわかりやすく記載の入門書

精神科を学ぼうと思ったときに、一番難しく感じるのは、「用語」です。一言に「妄想」といっても「妄想観念」「妄想知覚」「妄想着想」「被害妄想(被毒妄想・嫉妬妄想・・・)」と挙げればきりがありません。

そのような「用語の悩み」を解決するのが「精神疾患にかかわる人が最初に読む本」。

精神症状による障害(用語)はほとんどすべて以下のカテゴリーに分類されます。(右に書いてあるのは例)(精神科実習でまわった際の先生曰く、精神科診察の際にはこれらのカテゴリを意識しながら診察するそうです。)

  • 「知覚の障害」:錯覚・幻覚
  • 「思考の障害」:観念奔放・滅裂思考
  • 「自我意識の障害」:させられ体験
  • 「感情の障害」:不安・多幸
  • 「意欲・行動の障害」:緊張病
  • 「意識の障害」:せん妄
  • 「記憶の障害」:健忘・作話

それぞれの用語内で、「こんな病気の患者さんが、この症状になりやすい」まで書いてあります。本の後半には、精神科疾患各論までまとめられており、非常に分かりやすいです。(看護学生向けに書かれた本なのでしょうか。看護師国家試験の問題と解説まで書いてあります。解説は「患者さんのセリフ目線で」書いてあり勉強になります。)

独自勉強用図書

ここからは「試験には出ない知識でも精神科について学びたい」という人向けの本を紹介します。

精神科一般

この「精神科臨床を学ぶ 症例集」は自分にとってかなり思い出の本になります。僕は元々、「精神科の研究に興味はある」「でも精神科臨床にはそこまで興味が無い(というか、精神科臨床をあまり知らない)」学生でした。「精神科興味あるから、少し症例集読んでみるか」と手に取ったのがこの本です。

とても多くの症例が具体的に載っています。正直、症例を読んでいろいろと想像すると、胸が苦しくなることも多いです。(それが臨床に興味を持つきっかけになりました。)
また、各症例についての考察があったり、引用文献がたくさん明記されていたりと、「学問」としての面白さもあります。

  • 「精神科に興味ありそうだな」
  • 「でも今ひとつ、精神科に進むか迷うな」

と感じた人に読んでほしく思います。

児童精神編)精神科の概念や歴史から、児童精神まで

児童精神科分野でまず第一に推薦するのが、「子どものための精神医学」です。

全く児童精神、もしくは精神科の知識がない状態からでも読めます。ですが、個人的おすすめとしては、児童の発達(「何ヶ月で幼児は言葉を話せるの?」など)の知識や児童精神科のざっくりとした知識(自閉スペクトラム症・ADHDなど)を知っておくと、より楽しく読めるかもしれません。

本の序盤(第1~3章)では、精神科全体的な話が書かれています。精神科の、他の科との違いやその奥深さ等、かなり勉強になると思います。児童精神科に興味はないけど、精神科志望の人でも、1-3章だけは、絶対に読むべきです。例えば、「どうして精神科はover diagnosisが起きてしまうの?どうしたら防げるの?」などと書いてあります。

「一文々々に納得を重ねていける」本になっています。(そのため個人的に読み進めるのにかなり時間がかかりました。)時間がかかる本でもあるので、買ってじっくり読んでほしくもあります。

精神科システム・医療政策について

精神科の医療システム・政策については当ブログでいろいろ書きました(精神科病院・医療制度の考察)。その参考図書を列挙します(内容については、各記事に書いてあるため詳細には書かない)。

これらの本は、興味があったら読むと面白いかもしれない。ある程度、日本の精神科病床の問題意識や、海外との比較に興味がある場合は、いろいろと考えるための良い本になる。

世界の精神科の歴史

  • 中世のアウトサイダー  中世の精神科を学ぶならこの一冊
  • わが魂に会うまで:アメリカのクリフォード・ホイティンガム・ビーアズが、自らの精神病院での過酷な体験書いた本(1980年)。病院の患者に対する暴行や強圧について描かれています。当時のアメリカにおける精神科の現状を理解するのにこれ以上の本はありません。
  • 絵とき精神医学の歴史:精神医学の歴史について、かなり分かりやすく書いてある本。見開き2ページごとに、精神科関連の歴史的出来事や、人物名などが書いてある。簡素な絵も附属しており、読むのに飽きない。

日本の精神科の歴史

日本の精神科の歴史こちらのページを書くときに参考にした書籍です。

  • 日本精神科医療史:古代から中世にかけての精神科の歴史について、これほどまでに詳しく述べている本はない。古代から中世の歴史に興味があればこの一冊で間違いない。近代の内容もある。
  • 医学思想史―精神科の視点から:医学史に興味があればおすすめできる。
  • 日本の精神科入院の歴史構造: 社会防衛・治療・社会福祉:多くの書籍の出典が載っている。かなりデータに基づいて緻密に書かれている文章である。「医療施設を新設するための費用」等、なかなか普段興味を持たないと分からない内容まで踏み込んでいる。近現代の精神科の歴史に興味があるなら、この一冊を推薦する。
  • 日本の精神医療史―明治から昭和初期まで:どちらかというと、朝鮮半島における精神科医療に多くのページが割かれている。挿話が面白かったりする。

新書

ここでは精神科関連の新書を紹介します。

ケーキを切れない非行少年たち

僕が児童精神分野や犯罪精神に興味を持った大きなきっかけとなった本、それが「ケーキの切れない非行少年たち」です。少年犯罪と認知機能の関連について書いています。

医療少年院に勤務経験のある児童精神科医による本です。特に筆者が、医療少年院での勤務を通して、非行少年とその対策(予防策)について考察した本です。(内容をさらっと書くと以下)

  • 知能や認知能力が低いと、他者と上手くやっていけず学校や社会から落ちこぼれ、非行に走ってしまうことがある
  • その後も、「反省する」認知機能も高くないため、同じ過ちを繰り返してしまう
  • 認知機能の低い子供たちが、非行に走らなくするためには、どうすればよいか

そもそも、医療従事者はじめ多くの人が「少年院」というものになじみがない人が多いのではないでしょうか。そもそもタイトルからして、センセーショナルです。「ケーキが切れないってどういうこと?」

実はこの本は、漫画(ケーキの切れない非行少年たち 1巻: バンチコミックス)にまでなっており、その表紙がこちらです。「ケーキが切れない」とはこの表紙のような状態です。

少年犯罪を犯した子供たちと、長く・深く関わった専門家の経験や意見が書いてあり、非常に面白いです。また、認知機能検査についても触れられていたりして、意識して読むと(医学部生にとっては)勉強にもなりました。

僕のエピソードを書くと、「精神科になんとなく興味あるなあ。臨床も研究も面白そうだなあ。統合失調について勉強したいなあ。」と思っていた時期に読んで、「児童精神やりたい!!!!!」と強く感じた一冊になった思い出の本です。

文庫本

自閉症は津軽弁を話さない

私は知識が無かったので、はじめて知りましたが、自閉症の子供はあまり方言を話さないそうです。この本で、「それはなぜか?」といった疑問、そこからの調査や考察が描かれています。

言語習得には、音声などの認識が必要だったり、社会性も必要だったりと多面的です。その多面性の中で、様々な考察をめぐらせ、調査をして、話が進んでいくのが面白かったです。(ちなみに続編もあるようです。)

漫画

精神科の勉強にもなる楽しい漫画!

楽しい漫画として紹介するのは「Shrink~精神科医ヨワイ~」「リエゾン ーこどものこころ診療所ー」の二冊になります。この二冊は、かなり優しい雰囲気の漫画です。(イメージ的には、「産婦人科の『コウノトリ』の精神科版みたいな。)軽やかで読みやすい漫画の中にも、真面目な場面もあります。

精神科疾患の症例集、漫画版「Shrink」

Shrink~精神科医ヨワイ~」パニック障害、うつ、発達障害など、精神科疾患について描かれています。

医学部学生向けに言えば、多くの精神科疾患の症例集、漫画版!と言ったところでしょうか。普通の症例集と違い、患者さんが漫画化されていてイメージしやすいです。「患者は症例ではなく、一個人である」ということを意識させられます。(精神科の学生実習で、多くの症例に巡り会えること・長期にわたって患者さんに接することはほとんどありません。この漫画を通して、少しでも患者さんのイメージを作れれば・・・と)

さらに小児科に絞った「リエゾン」

小児科精神疾患は扱いが難しい分野です。子供は周囲(特に親・社会)の影響を大きく受けます。難しいイメージが強い児童精神分野ですが、リエゾン ーこどものこころ診療所ー」を読めば、様々な疾患について視覚的に勉強になります。

精神科の負の一面・難しさを描いた漫画…

先ほどの「明るい」イメージの精神科関連漫画と異なり、今度紹介するのは「暗い」漫画です。

精神科疾患患者の困難な現実~「子供を殺してください」という親たち

衝撃的なタイトル

まず紹介するのは、「「子供を殺してください」という親たち」です。(非常に悲しいお話も多く、僕は、感情移入で普通に泣きました。)

「精神科疾患になった!」時に、「はい、病院行って治療!入院!うまくいった!おつかれ!」なんてことはありません。患者さんは、医療ケアを受けながら、同時に家族や地域に支えられて精神科疾患とともに、生きていくのです。精神科疾患を抱える人には、多くの社会的な困難も生じます(代表例以下)。

  • そもそも患者は病識に乏しく病院に行きたがらないことも多い(病状の悪化)
  • 病院に行っても、良い先生ばかりではない
  • 薬をもらっても、病識に薄く飲まない人もいる
  • 患者とその家族の関係は必ずしも良好でない
  • 精神科疾患は社会的な偏見も多い(そのため、適切な治療を受けられなかったりする)

このような問題から、社会になじめていない患者やその家族を描いた漫画です。(一つの家族にフォーカスした漫画ではなく、いろんな家族がかいてあります。)「子供を殺してください」というタイトルは衝撃的ですが、内容は、そのような雰囲気です。

精神疾患の影響で、とても辛い状況下に陥った家族がたくさん描かれています。生まれた直後は、親に愛されて生まれる人が多いです。ただ、精神疾患が影響で、その介護疲れなどの影響で、「子供がいなければいいのに」と思ってしまう状況。なんと悲しい世界でしょうか。ただ、このようなことも普通に現実としてあります。そんな家族の負担を考慮して、「医療保護入院」などのシステムもあるのだと思います。(詳細は→精神科病床の機能と役割(理論と入院形態)

移送サービス業

本作の主人公は精神障害者を説得し病院に届ける「移送サービス」業をしています。精神疾患の人で、自分から病院に行かない人を、病院につなげる仕事です。どうしてこのような仕事があるかと言えば、本人の同意なしに入院することは非常に難しいからです。本人の同意なしにする入院には以下の二つがあります。

  • (緊急)措置入院:自傷他害の恐れがある人を強制的に入院させる
    つまり、自傷他害の恐れがない限りは入院はできない。また、自傷他害の恐れを証明することは難しい。いざ危険な状況にならない限り、自傷他害の恐れは証明できない。
  • 医療保護入院:家族の同意+入院の必要なときに入院させる。家族と患者の仲が良くないと、そもそも病院にまで連れて行けない。(だから移送サービス業がある。)病院に行かないと「入院の必要がある」と判断することはできない

このように、「本人の同意なしに入院することは難しい」のです。ただ、それが原因で、本人が医療サービスを受けずに、病状が悪化しては大変です。そのため、移送サービスのような人がいるのです。

麻薬はなかなかやめられない「マトリズム」

「マトリ」いわゆる麻薬取締官を主人公とした作品、「マトリズム」を紹介します。

  • 麻薬使用者はどのような経緯で麻薬に手を出してしまうのか(そしてどのように発覚して逮捕されるのか)
  • 麻薬を使った人の精神状態・使用者が外の世界をどのように見ているか
  • 薬物使用時の状態(多幸感・易怒性など)
  • 薬物使用者がどのような悲惨な状況になるか

以上のような話が、様々なストーリーに載せて書いてあります。麻薬使用時の症状はかならずしも教科書定型通りではなく、そこがまたいろいろと勉強にもなります。

メインの主人公は、麻薬取締官は、かなり暴力的に見えますが、麻薬使用者のことを考えていたり、残された家族のことをフォローをしていたりと、良い一面も垣間見える漫画になります。

児童相談所・虐待を描いた漫画「ちいさいひと」

虐待などの被害経験は子供の発達を遅らせたり、子供が中長期的に心身に不調を来す原因になるとされています。

そのような虐待を防ぐ・相談にのる・介入するのが「児童相談所」になります。(児童精神科でも児童相談所と密接に連携をとられている施設もあります。)そのような児童相談所について書かれた漫画が「ちいさいひと」です。(新版もでています。)

児童を保護する難しさや、親の苦悩、親子関係の難しさなどが描かれています。(様々なケースを漫画にしたものになります。)